生せっけん

毛染めによる様々な トラブルの原因

カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触で かゆみ などの症状となります。

髪が細くなる、パサつく原因 カラー剤に含まれているダメージ成分が十分に中和処理されていない場合があります。  毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。                                                      危険がいっぱい    まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。ご注意下さい。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪や頭皮にダメージが残ります。       カラー剤の種類    毛染めの種類や染め方で色々と違いがあります。

毛染め剤にはメリット、デメリットは必ずあります。
その中から自分に望ましいヘアカラーをお探しください。

      カラーグレスを体験されて
カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。今まで、色々なカラー剤でやってきましたが、こんなに違和感なく、綺麗に染まったことはありません。との事。

 

<一般的なヘアーカラー>                                                                      美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、バリエーションが多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こす事もあります。ダメージ成分により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなど
有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでたり
臭いがきつく、具合が悪くなる人もいます。
※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

☞ ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

白髪染めでかゆみが、だから短時間で染めて下さい。

カラーグレス初体験のお客様。

お話をお伺いすると、
美容室で染めても、自分で染めても同じだったから。
でも白髪は染めたいので、
長く時間を置くとかゆみがすすみます。』
短時間で染めて下さい。』
自分で出した結果がこれだったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪染めで、
〇ひりひりする
〇かゆみがある(の表現よりはかゆすぎるの方があっているそうです)
〇赤く腫れあがる
等の症状はいつものこと。

薬を塗布してから置く時間が短いと、その分症状も軽く治まている感じがします。

だから、いつも薬を付けてから長くても5~6分で流します。

この方法とても危険です。

白髪染めは置く時間が長くても、短くても、出る症状は同じです。

あえて何か違うところがあるとしたら、本人の気の持ちようだと思います。

白髪染めでのかぶれ症状は薬剤が皮膚についている時間ではなく、

薬剤に含まれている成分によっておこる症状なので、

一度かぶれ症状が出た方は、今後も同じ症状がでる可能性が高いです。

今以上の症状に悩まされることもあります。

自己診断で悪化の危険性も高まります。一度ご相談ください。

毛染めは危険が伴うおしゃれです。

そうなる前に、まだ軽い状態のうちに安全ヘアカラーをおすすめします。

 

生せっけん

毛染めの後、皮膚が赤くなった経験はありませんか!?

札幌市西区 m 様  この度初めてご来店のお客様。長年通われていた 美容室で 毛染めによるお肌のトラブルが起きたとのこと。パッチテストもやってみました、腕の内側にカラー剤をつけて 放置。そのときはしみることもなく 大丈夫でした。が、ヘアカラーをしてみると忽ち頭皮がいたくなり、シャンプーに入った時には 頭全体がヒリヒリ痛くなり、毛染めをする事が大変恐ろしくなったそうです。    頭皮が赤くなる原因
◎ 洗浄力の強いシャンプーによる頭皮の炎症(シャンプー剤が自分の肌に合っていない)
◎ 脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患によるもの
◎ 皮脂の過剰分泌による毛穴の炎症
◎ 間違った洗い方による炎症
◎ 紫外線による頭皮炎症

パッチテストとは 

一般的に 毛染めでかぶれる可能性があるか否かを 事前に調べる方法です。が、腕には反応が出なくても 頭皮で症状がでることもありますので 十分に気を付ける必要があります。

染めているときにヒリヒリするのが当たり前だと、思わないでください。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。症状がひどくなると、病院に通わないといけなくなるかもしれません。何も感じないから大丈夫ということでは決してありません。

今は大丈夫でも今後、カブレ症状が出て染められなくなることも考えられます。

本日の M 様 。。。 頭皮に負担をかけない、地肌に付けない塗布 の方法で、全く染みることもなく、頭皮の違和感も感じられませんでしたと 大変喜んで頂きました。

近年、市販のカラー剤はもちろんのこと、美容室におきましても カブレなどによるヘアカラーのトラブルが大変増えてきています。

ホームカラーグレス➡詳細
カラーグレス➡詳細

生せっけん

白髪染めをすると抜け毛があり心配です。

本日2回目のご来店のお客様です。

初めてのご来店のカウンセリングで、
❖長い間白髪染めをしているせいか、頭皮がかゆくなることが続いていたそうです。
❖前回のヘアカラーで、抜け毛が多くなったと感じ、
安全に毛染めができたらとの気持ちからカラーグレスにたどりついたそうです。

頻繁に白髪が気になるけど、毎回美容室は無理とのことで、
自宅で簡単に染められるホームカラーをおすすめしました。

3週間に一度カラーグレスで自分で染めていた時は大丈夫だったので、近くの美容室でヘアカラーをしたそうです。
やっぱり、他のヘアカラーは頭皮のかゆみもあり、抜け毛もある感じもするので、2回目のカラーグレスでのご来店になりました。

お客様自身、白髪染めでもかなりの黒染めのため
地肌や顔回りに薬剤が残ったままシミになるのではと毎回心配していたそうですが。

カラーグレスは、
地肌からペタペタとカラー剤をつけることはしません。
頭皮に負担にならないように地肌に毛染め剤がつかない塗布をさせていただいています。

少しでも安全に毛染めをしていただき、毎日を過ごしていただきたいと思います。

生せっけん

白髪染めによる頭皮・皮膚のかゆみの原因

札幌市在住 A様いつもご自分で染めておられます。本日 カラーグレス初体験。   恐ろしいアレルギー反応
カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触でかゆみなどの症状が出てきます。〇少しでも安全に毛染めをしていただく為に、頭皮には薬剤はつかないように塗布させていただきます。                                 髪が細くなる、パサつく原因  
カラー剤に含まれているダメージ成分を十分にケアーされていないからです。
〇ダメージ成分をしっかり中和することで、髪のパサつき、髪やせなど髪への負担を軽減することができます。                                       カラーグレスを体験されて
◇カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。                                        毛染めには色々な種類、施術方法があります。

髪にはいいけど明るく染まらない。
希望の色に染まるけど髪が細くなってきた。
など、毛染めの種類や染め方で仕上がりもだいぶ変わってきます。

※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

安全な毛染めとは
●1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。
※ 地肌につけないように塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減できます。
※ 頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。
●2剤に含まれている過酸化水素を中和。

かぶれる前に、予防が大切です!!
毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪が傷むものばかりです。
髪が傷むと年齢よりも老けて見られてしまうので髪のダメージは避けたいですね。
※ 皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減、ダメージ成分を取り除きます。

 

ホームカラーグレス➡詳細

カラーグレス詳細

生せっけん

定期的にヘアカラーしている場合は、カブレの可能性があります。

「なんだか最近頭皮かゆいな」 は今後大きな問題になることがあるかもしれません。

冬場になると乾燥による痒みも感じられることもありますが、ヘアカラーによるアレルギー症状による痒みかもしれません。

いつもは大丈夫でも、ある日染めると痒みや頭皮の赤みが出てくることもあります。

なんともないから大丈夫って思っていませんか?

アレルギー症状はコップに水を貯めるようなもので、限界になると症状がでます。

前回染めたときなんともなくても、次染めたら駄目かもしれません。

 

染めているときにヒリヒリするのは要注意です。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。

頭皮が弱いかたによくある症状です。体調がすぐれない時も感じることがあります。

体調不良時はカラーを控えたり、カラーを頭皮につけないように染めるのが望ましいです。

悪化すると皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

少しでも安全な対策を考えてはいかがでしょうか。

毛染めの危険性

 

痒み症状が出ている場合は、今後ヘアカラーができなくなるかもしれません。

カブレ症状の重症化はとても危険です。

1週間以上続く場合は、皮膚科にいくことをお勧めします。

 

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーグレスはこちらから

➡ ネットショップはこちら

生せっけん

抜け毛と白髪染め

以前、服用中のお薬で抜け毛が酷くなりました。

相談の結果、お薬の種類を変更することにしました。
今は少し落ち着いていますが、抜け毛がまだある状態です。

白髪染めをしても大丈夫ですか?
頭皮に負担はかけたくありません。

本日ご相談のお客様はお薬の副作用での抜け毛ですが

抜け毛の原因は他にも。
抗がん剤治療、、
薬の長期服用での副作用による脱毛
頭皮ケアーの間違い、
夏場の紫外線による日焼けのダメージ
頭皮の血流が悪く頭皮が固くなることでの老化。など

お薬での副作用での脱毛は、毛根への影響によるものです。
違うお薬に変えたからと言ってすぐに抜け毛が収まるわけではなく症状が続くことがあります。
一番の対策としてはお薬をやめること、しかし治療中の方には難しいことです。

薬剤を頭皮につかないように塗布しても、きれいに染めることはできます。
皮膚は経皮吸収と呼ばれる働きを持ち、皮膚を通してさまざまな成分を体に取り込んでいます。
頭皮も吸収率が高く、白髪染めのように頭に塗る薬剤は影響が強いといえます。
体力が落ちている時には免疫作用が低下し、健康な時よりも影響がでることがあります。

そこで
少しでも頭皮への負担をかけずに染めることをおすすめします。

少しでも安全を先に考えた白髪染めをしてください。

➡ 安全な毛染め詳細

 

生せっけん

2~3週間に1度染められる方はかぶれにご注意ください。

ヘアカラーの頻度が高いとその分、アレルギー反応が出る可能性が高まります。

40代、50代の白髪染めが増えていますが、カブレないように染めることが理想的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2~3日痒いだけだから・・・」「ちょっと頭皮が赤い位」は重症化する可能性が高いです。

アレルギー症状は、治ることはほとんどありません。とても深刻な問題です。

何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫ということではありませんので注意をしたほうが良いです。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーはこちらから

➡ ネットショップ

生せっけん

痒みや頭皮の赤みが出る方に、大変喜ばれています。

ヘアカラーによるアレルギーの危険性はよく知られています。

ですが 多少痒かったり、頭皮が赤くなったりしていても染め続けてるというかたが、けっこういらっしゃいます。

しょうがないと思っているのがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー症状は、治ることはほとんどありません。とても深刻な問題です。

何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫ということではありませんので注意をしたほうが良いです。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーはこちらから

➡ ネットショップ

生せっけん

抗がん剤治療後、始めてのヘアカラーで不安です。

ウィッグの卒業と同時に白髪染めを考えています。

抗がん剤治療から10ヶ月髪も伸びてウィッグの卒業を考えています。

5か月前に来店頂いた時は
白髪も気になるけど、部分的に髪の毛の伸びも足りないと言うことで、カットのみで自毛デビューを断念しました。

やっとのびた髪の毛ですが、全体的に白髪です。

白髪を見ているだけで気分がめいります。

 

 

発毛後、お客様の中には、くせ毛や白髪が出ることも少なくありません。

白髪染めをする前には、必ず医師や看護師に相談することが必要です。
頭皮への刺激を考えてあげることも需要になります。
脱毛前と同じことをするのではなく、より安全に安心して行える環境を整えることも必要です。

脱毛後の、発毛は髪の毛が弱く気を付けなければいけません。
治療後の髪の毛先は細く、乾燥していることが多いので、あっという間に傷んでしまう状態です。

今日の白髪染めは、安全カラーを試して頂きました。
カラー剤に含まれる有害成分、髪の毛が痛む成分を除去しながら、頭皮にカラー剤がつかないように施術させていただきました。

白髪が少し染まっているだけで、すごく気分が変わります。と喜んでいただきました。

少しでも気分転換になれるのであれば、体に負担の少ない方法をご相談させていただきます。