生せっけん

毛染めによる様々な トラブルの原因

カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触で かゆみ などの症状となります。

髪が細くなる、パサつく原因 カラー剤に含まれているダメージ成分が十分に中和処理されていない場合があります。  毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。                                                      危険がいっぱい    まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。ご注意下さい。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪や頭皮にダメージが残ります。       カラー剤の種類    毛染めの種類や染め方で色々と違いがあります。

毛染め剤にはメリット、デメリットは必ずあります。
その中から自分に望ましいヘアカラーをお探しください。

      カラーグレスを体験されて
カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。今まで、色々なカラー剤でやってきましたが、こんなに違和感なく、綺麗に染まったことはありません。との事。

 

<一般的なヘアーカラー>                                                                      美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、バリエーションが多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こす事もあります。ダメージ成分により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなど
有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでたり
臭いがきつく、具合が悪くなる人もいます。
※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

☞ ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

白髪染めをすると頭皮が赤くかぶれて。

「ヒリヒリかゆい!!」

熱をもった感じで熱い!かゆい!
何度も症状がでたせいで、首のまわりのボコボコが治りません。

白髪染めのあとに頭皮が赤くかぶれて、かゆみが止まりません。
夏の暑い日、じめじめした日には特に症状が悪化してしまいます。
我慢して染めていましたが、
家族からは体のためにも、やめたほうがいいのではと言われています。

白髪染めで起きる症状は我慢できますが、
それ以上に白髪でいるのは我慢できません。

少しでも、症状が出ないように染めることはできますか?

白髪染めをすることでの危険と今後の症状についてお話させていただきました。

 

白髪染めは危険!

100%安全な毛染めはありません。
少しでも安全に近づけるように毛染めをさせていただきます。

今までと同じ白髪染めをしていると!

安全毛染めを知らずに続けていると、
将来、今以上に白髪染めが必要な時に、白髪を染めることができなくなる可能性があります。

初めて安全カラーを体験された感想は。

〇頭皮に毛染め剤をつけないのは初めてです。
〇ベタベタハケで塗らなくても、綺麗に染まるんですね。
〇染めているときの違和感はなかったです。
〇数日後も症状が出ないことを期待しています。

白髪染めでの症状が出る前から安全カラーをおすすめします。

➡ 安全な毛染め詳細  ➡ 安全なホームカラー詳細

生せっけん

私でも染め続けられることが嬉しい!

美容室でもカブレるならもうヘアカラーは無理なのかな。と思っていました。

札幌市在住 T様
安全性の高いヘアカラーをして1年半。
きっかけは、白髪がだんだん増えてきているのが気になり
ヘアカラーをする頻度が増え時に頭皮に違和感を感じ、
カブレたり、体調も悪くなりこれ以上ヘアカラーをするのは
やめたほうがいいのか悩んでいた時に当社を見つけたそうです。

安全性の高いヘアカラーをしてからは
カブレることもなく髪のツヤも出てきました。
今では2~3週間に1回染めています。諦めかけてたヘアカラーが
これからも続けられて嬉しいです。と喜んでいただいております。

 

あなたはカブレ予備軍!?

私は、ヘアカラーをしてもかゆみもないから全然大丈夫~。
と思っているあなたは、カブレ予備軍なのです。
アレルギーと同じように、いつかゆみやカブレたりするかわかりません!
なる前の予防が大切です。

 

➡ 安全な毛染め詳細
➡ 安全なホームカラー詳細

生せっけん

我慢して白髪染めをしていました。

1年位前から白髪染めをするとかゆみの症状が出てきました。

IMG_9276人に会う仕事をしているので白髪がすぐ気になります。
アルカリカラー・マニキュア・ヘナカラー・ハーブカラーと色々と染めてみました。
自宅で染めることが多く、何回かに一度は美容室できれいに染めていました。

1年位前に自宅で染めたら次の日には、
●顔回りにかゆみが・・・ ●顔・首周りに赤みが・・・ ●まぶたまで腫れてきました。
3日~5日くらいは、そんな症状に悩まされていました。
それからは自宅で染めても、美容室で染めても同じ症状が出ていました。

白髪染めでかぶれの症状が出始めてから、
❖白髪染め ❖かゆい ❖安全 ❖札幌
で検索して出てきたところが「ここ」だったのでと、ご来店していただきました。

 

 

白髪染めの経歴、染めた時の症状をお聞きし、 今のまま染め続けることの危険性など、お話ししてから
「安全カラー」へ

20140516_165018
地肌に負担にならないように!
20140516_174502
髪の傷みなど残さないように!

かゆみ等の症状は白髪染めの数時間後からということでなので、後日、改めてお伺いしたところ
「今のところ大丈夫です。久ぶりです嫌な感じがなく染められたのは」とのことでした。

せっかく綺麗にしたいのに、染めるたびに不快になるのは嫌ですよね!
そんな、あなたにおすすめします。

➡ 安全な毛染め詳細
➡ 安全なホームカラー詳細

 

生せっけん

市販の毛染め剤で、かぶれの症状が出てしまいました。

8か月ぶりに 安全な白髪染めができました。

安全な毛染めとは 何だろう??

img_3876

久々にご来店された 西区 Y 様。市販の毛染め剤を使用、退色も目立ち、かなり毛先にダメージが気になる状態。しばらく赤く痒みが続き、かなり良くない状態でしたとの事。毛先が引っかかり、切れ毛も。。。

少しでも安全に毛染めをしていくことが必要です。

カラーの1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。
地肌ギリギリに塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減します。
頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。
2剤に含まれている過酸化水素を中和します。
皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減できます。

カブレが発症してからでは、もう手遅れです。

かぶれる前の予防があなたの身体を守ります。
毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思うのですが、こんなに危険だという事を理解している方は まだまだ少ないようです。
市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室の毛染め剤にも、危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。

自分は大丈夫!なんて思わないでください。img_3751

赤くなる、かゆい、ブツブツ湿疹、何らかの炎症がある場合は もうすでにアレルギー反応が出ています。一度発症してしまうと 完全に元には戻りにくいと言われております。軽いアレルギーから重度のアレルギーになることもあります。

安全なホームカラー➡詳細

安全な毛染め➡詳細

生せっけん

カラー剤の怖さを知りました。

染めることができない・・どうしよう・・

札幌市 豊平区 E様

毛染めをするたびに、かゆみがひどくなりIMG_1634 吐き気もでてきてびっくりしました。
この先、毛染めができないから染めるのをやめよう。
と思いました。
しかし、このまま白髪のままだとストレスになるので
探していたらここのお店を見つけました。

かゆみの原因やヘアカラーの危険性を知り
とても怖いと思いました。
地肌につけずにカラーを塗布してもらい、
髪に有害なものが残らないようにしてもいました。
いつもなら染めた次の日には、かゆみがでてきんですが、
かゆみもなく、吐き気もなくすごくうれしいです。

 

いつでもご相談ください。

安全性の高い毛染め詳細

安全性の高いホームカラー

生せっけん

これがあるから安心です。

髪を染めようと思ったとき、
市販のヘアカラーで染めたら髪が大変なことになりました。

札幌市 東区 H様
IMG_4044

3ヶ月に1回のペースで美容室でヘアカラーをしています。

頻繁には通えないので、美容室と同じように家でヘアカラーが

できるのですごく助かっています。市販のだと、自分にあった色を

選ぶのが難しいし、傷むから使いたくなかったので・・

 

と話してくださいました。そこでサロン(美容室)カラーと、
ホーム(家)カラーのそれぞれのメリット・デメリットを比べてみました。

 

サロンカラーのメリット
・綺麗に染められるIMG_8206
・傷まない
・退色しにくい
・希望の色に染められる

ホームカラーのメリット
・安い
・手軽に染めれる
・時間がかからない
・好きな時にできる

サロンカラーのデメリット
・美容室に行く時間、施術の時間など時間を取られる。
・費用が多くかかる。

ホームカラーのデメリット
・手早くできますが髪の傷みが気になりやすい。
・しっかり染まりづらく、ムラになりやすい。
・自分に合った色がわかりづらい。

などがあげられます。しかし、近年美容室や市販でのヘアカラーでカブレなどの症状がでる方は増えてきています。
少しでも安全にヘアカラーをすることをおすすめします。

ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら
カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

ヘアカラーのイメージが変わりました。

かゆくなるけど染めたいから我慢・・・
それがいけなかったんだと思います。

札幌市 T様
IMG_2900[1]昔はヘアカラーでかゆくなったりしなかったのに
だんだんとかゆくなっていき、皮膚科に行くほどではなかったので、かゆくてもカラーを塗布してもらっているときに頭皮がピリピリ
しても我慢してました。

我慢するのも嫌になってきてた時に、安全にカラーができる所があると知り合いに教えてもらいました。

 

 

カラー剤には、たくさんの有害な成分が入っていること。
トリートメントだけでは、頭皮も髪にもよくないこと。

を知りました。カラーを塗ってもらっている時は
なるべく頭皮から有害成分が入らないように施術していただきました。
頭皮がピリピリすることもなく、カラー後のかゆみもなく、うれしかったです!

 

ヘアカラーが危険という認識を。

サロンで毛染め、自宅で毛染め、また、白髪染めとヘアカラーはどれも基本的に同じものです。
よく美容室の毛染めは安全と言う話を聞きますが、基本は同じですから危険性も同じです。
最近、ヘアカラートリートメントとか多く出回っていて、安全性は高く感じますが、実際のところは安全性については問題があります。

髪を染める物の殆んどは、危険性であると考えた方がいいと思います。カブレ
染毛剤(ヘアカラー)は単に髪が傷むというだけではなく、強い毒性を持つ物質が何種類も含まれていて、健康に大きな影響が起こる可能性が高くあります。
カラー剤は、あなたが思っている以上に危険な美容薬剤だということを知るべきです。

詳しい詳細➡こちら

 

安全性の高い毛染め➡こちら

生せっけん

少しでも安全に白髪染めをしたい。

体に負担がないように白髪染めをしたいです。

ベリーショートでも自分の髪で過ごしたい。

抗がん剤治療が終了し、少しずつ髪の毛が生えてきましたが、白髪が増えた感じがします。

白髪を染めることが怖い!

以前は、地肌が少しかゆくても、しみる感じがしても、気にしていませんでした。

今は、からだに悪いことはしたくありません。

でも、白髪がすごいので染めたいんです。

20140516_165018

100%安全な毛染めはありません。

少しでも安全に白髪染めをしていくことが必要です。

➡1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。

※ 地肌ギリギリに塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減できます。

➡ 1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。

※ 頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。

➡ 2剤に含まれている過酸化水素を中和。

※ 皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減できます

 

 

何かあってからでは遅い、そうなる前から、安全なカラーをおすすめします。

毛染めが危険だと知らなかったことで
何の症状もない状態から、一生毛染めができないことになることもあります。
私は大丈夫と思っている方こそ早めの対策が必要です。

ヘアカラーに不安がある方はご相談ください。

安全性の高い毛染め詳細

生せっけん

ノンジアミンじゃなくても大丈夫でした。

ほんとにかゆくならいのか不安でした。

ヘアカラーでカブレ、悩んでいたH様

IMG_6773サロンや自分でカラーをしていたらかゆみがでてきて、
ヘナなら大丈夫だと思ていたら、ヘナでもかぶれた。
悩んでいるときに知人に安全性の高いヘアカラーを紹介してもらい来店しました。

 

安全性の高いヘアカラーをして・・

今回で3回目ですが、かゆみなどもなく、
根元から数センチはツヤもでてきてる感じがします。
なによりパサつきも落ち着いてきていて嬉しいです。
家でもヘアカラー専用のもので洗っているから
髪もまとまりやすくなった。と話してくださいました。

※カラー剤に安全なものはありません。

美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、カラーバリエーションが多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こします。

  • ダメージ成分により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなど
  • 有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでる
  • ニオイガきつく、具合が悪くなる

近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えているため、
対策プロジェクトが進められています。

ヘアカラーでお悩みの方はご覧ください➡動画