生せっけん

ヘアカラーで痒みやしみるのは辛くないですか。

カラーグレスは、頭皮のヒリヒリやピリピリの刺激が緩和され

独特なカラー剤の匂いも気にならないと好評です。

今まで、ヘアカラーで刺激があるのは当たり前と思っていませんでしたか?

ヒリヒリやピリピリなどの症状が出ている方は、 カブレの症状がひどくなることも考えられますご注意ください。

重症化すると皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

今は大丈夫でも今後、カブレ症状が出て染められなくなることも十分考えられます。

少しでも安全な対策を心掛けてください。

市販のヘアカラーは、誰でも染めれるようになっているため薬剤の刺激が強いものも多いのです。

ご使用の際は注意が必要です。

体調不良時はカラーを控えたり、カラーを頭皮につけないように染めるのが望ましいです。

 

ヘアカラーで痒みやしみる症状が出てしまう方へ

どのくらい痒みが続きますか?痒み症状が出ている場合は注意が必要です。
1週間以上続く場合は、皮膚科にいくことをお勧めします。

 

ヘアカラーで不安に思う症状がある方はぜひご相談ください。

 

ホームカラーグレス→詳細
カラーグレス→詳細

生せっけん

毛染めの後、皮膚が赤くなった経験はありませんか!?

札幌市西区 m 様  この度初めてご来店のお客様。長年通われていた 美容室で 毛染めによるお肌のトラブルが起きたとのこと。パッチテストもやってみました、腕の内側にカラー剤をつけて 放置。そのときはしみることもなく 大丈夫でした。が、ヘアカラーをしてみると忽ち頭皮がいたくなり、シャンプーに入った時には 頭全体がヒリヒリ痛くなり、毛染めをする事が大変恐ろしくなったそうです。    頭皮が赤くなる原因
◎ 洗浄力の強いシャンプーによる頭皮の炎症(シャンプー剤が自分の肌に合っていない)
◎ 脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患によるもの
◎ 皮脂の過剰分泌による毛穴の炎症
◎ 間違った洗い方による炎症
◎ 紫外線による頭皮炎症

パッチテストとは 

一般的に 毛染めでかぶれる可能性があるか否かを 事前に調べる方法です。が、腕には反応が出なくても 頭皮で症状がでることもありますので 十分に気を付ける必要があります。

染めているときにヒリヒリするのが当たり前だと、思わないでください。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。症状がひどくなると、病院に通わないといけなくなるかもしれません。何も感じないから大丈夫ということでは決してありません。

今は大丈夫でも今後、カブレ症状が出て染められなくなることも考えられます。

本日の M 様 。。。 頭皮に負担をかけない、地肌に付けない塗布 の方法で、全く染みることもなく、頭皮の違和感も感じられませんでしたと 大変喜んで頂きました。

近年、市販のカラー剤はもちろんのこと、美容室におきましても カブレなどによるヘアカラーのトラブルが大変増えてきています。

ホームカラーグレス➡詳細
カラーグレス➡詳細

生せっけん

白髪染めによる頭皮・皮膚のかゆみの原因

札幌市在住 A様いつもご自分で染めておられます。本日 カラーグレス初体験。   恐ろしいアレルギー反応
カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触でかゆみなどの症状が出てきます。〇少しでも安全に毛染めをしていただく為に、頭皮には薬剤はつかないように塗布させていただきます。                                 髪が細くなる、パサつく原因  
カラー剤に含まれているダメージ成分を十分にケアーされていないからです。
〇ダメージ成分をしっかり中和することで、髪のパサつき、髪やせなど髪への負担を軽減することができます。                                       カラーグレスを体験されて
◇カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。                                        毛染めには色々な種類、施術方法があります。

髪にはいいけど明るく染まらない。
希望の色に染まるけど髪が細くなってきた。
など、毛染めの種類や染め方で仕上がりもだいぶ変わってきます。

※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

安全な毛染めとは
●1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。
※ 地肌につけないように塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減できます。
※ 頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。
●2剤に含まれている過酸化水素を中和。

かぶれる前に、予防が大切です!!
毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪が傷むものばかりです。
髪が傷むと年齢よりも老けて見られてしまうので髪のダメージは避けたいですね。
※ 皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減、ダメージ成分を取り除きます。

 

ホームカラーグレス➡詳細

カラーグレス詳細

生せっけん

頭皮、髪の悩みが一つ解決しました。

カラーグレス歴 2年6か月

 札幌在住のお客様。以前より髪が細く柔らかく、薄くなってしまったことを気にしておられました。頭皮も硬く抜け毛もあったということで、かなり心配だったそうです。毛染めのあとは必ず痒みや赤みが出てしまい、ヒリヒリ痛い、苦痛が続いていたそうです。今は、二か月に一度安心して染めることができるようになり大変喜んでいただいております。  美容室で使用されているカラーリング剤や、ドラッグストアで売られているヘアカラー剤にはアルカリ性カラー(酸化染毛剤)が多く使用されています。 アルカリ性カラーは何故、かぶれ症状を引き起こすのか?
カラーリング剤の1剤に含まれている化学物質(ジアミン)がアレルギー皮膚炎を引き起こし、かゆみやかぶれ等の症状がではじめます。

カラーリング剤の2剤に含まれている過酸化水素が髪を傷める原因になります。

頭皮のかゆみ、腫れだけでなく、身体にも症状が出る方もいます。その時の体調が悪かったからではなく、
今からでも、安全な白髪染めをすることをおすすめします。

毛染めの危険な成分とは・フェニレンジアミン・パラフェニレンジアミン。。。『 ジアミン 』 といわれる有害な成分です。

ジアミンは髪の毛をしっかり染めるために配合されていため、白髪染めのほとんどのカラー剤に使用されています。

頭皮の皮膚の炎症

じんましん、かぶれ、湿疹、腫れ、むくみ

呼吸困難や意識障害 (アナフィラキシーショック)

初めは軽い症状でも、のちに白髪染めが出来なくなるかもしれません。ジアミンによるアレルギーは一度起こると基本的にはずっと反応してしまいます。これらの症状のある場合いは、毛染めの成分が原因で引きおこるカブレの症状が多く、 今は大丈夫でも将来的には何らかの症状(アレルギーや内臓疾患など)が発症してしまう可能性があります。発症してしまうと 元には戻りづらく、軽度から 重度のアレルギーになっていく事もあります。

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

 

生せっけん

痒みや頭皮の赤みが出る方に、大変喜ばれています。

ヘアカラーによるアレルギーの危険性はよく知られています。

ですが 多少痒かったり、頭皮が赤くなったりしていても染め続けてるというかたが、けっこういらっしゃいます。

しょうがないと思っているのがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー症状は、治ることはほとんどありません。とても深刻な問題です。

何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫ということではありませんので注意をしたほうが良いです。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーはこちらから

➡ ネットショップ

生せっけん

数年前から 頭皮の赤みが気になります。

オープン当初から通っていただいております A 様 。身体のことを考え、常に安全なものを使用している30年近く来ていただいております。数年前から 少しずつ お肌の状態が変わってきたようです。頭皮は常に赤く、毛染めをすると皮膚が突っ張るようになってきたそう。数年前から 安全ヘアカラーに変わり、赤み、痒みも かなり改善され、毛染めの不安やダメージも気にならずに白髪染めができることを大変喜んで頂いております。                                                   頭皮が赤いとは!?

頭皮が赤くなる(紅斑ができる)のは、皮下組織にある毛細血管が拡張し頭皮の下が透ける事によって起きます。健康な頭皮というのは、青白い色をしており、それが赤くなっているという事は、頭皮がなんらかの原因によって、炎症を起こしていると考えられます。この状態は、髪の毛もダメージを受けやすくなっており、頭皮にかゆみを伴う場合があります。、

悪化すると、薄毛の原因になる恐れもあるので注意が必要です。

頭皮が赤くなる原因はいくつか考えられます。自分がどのような症状かを判断し、それにあった対処をしっかりしましょう。

 頭皮が赤くなる原因

◎ 洗浄力の強いシャンプーによる頭皮の炎症(シャンプーが肌に合っていない)
◎ 脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患によるもの
◎ 皮脂の過剰分泌による毛穴の炎症
◎ 間違った洗い方による炎症
◎ 紫外線による頭皮炎症

 すぐできるいくつかの対処法

〇食事に気をつける ( 脂っこいものばかり食べない )
〇スタイリング剤の洗い残し( ワックスやジェルなどをしっかりと洗い流す )
〇シャンプーやリンスー後のすすぎ
〇頭皮を過剰に洗いすぎない事

まだ、症状がひどくない場合にはこれらを気を付けるだけでも改善する事ができます。

普段から 意識してみることをお勧めします。

安全なホームカラー➡詳細

安全な毛染め詳細

 

 

生せっけん

頭皮の違和感が全くありません。

いつも 綺麗でいたい 

先日、チラシをみて はじめて来店されましたお客様。かなりのダメージと、年に2~3回美容室で 白髪染めをしていたそうですが、だんだんと頭皮が荒れて、痒みや赤みが出てくるようになったそうです。今回、臭いもなく痒みも感じなかったので とても喜んでいただけました。そして 何より 「 いつも綺麗でいたいわ!」 と、 再来していただいた事に感謝です。お客様にもっと 喜んで頂けますように施術に取り組ませていただきます。   < 気になることありませんか!? >                        かゆみやかぶれがあり、身体への影響を心配している。
髪が傷み、まとまらず、手入れにとても時間がかかる。
日にちが立つと、どんどん色が抜けて気になる方。
髪のボリュームが無くなり、薄くなってきたと感じる。      <一般的なヘアーカラー>                                                          美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、バリエーションが多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こす事もあります。ダメージ成分により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなど
有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでたり
臭いがきつく、具合が悪くなる人もいます。

※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。

まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

自分は、かぶれないから大丈夫!というのは、かぶれ予定者であることを知って下さい。
自分を守るためにも安全性の高いヘアカラーを選びましょう。

安全な毛染め  ➡詳細

 

生せっけん

毛染めによる頭皮のかぶれは今日が良くても明日はダメになっているかもしれません。

毛染め後の頭皮のかゆみや水ぶくれがある方はご注意ください。

ヘアカラーの施術中に刺激があるの当たり前だと思っていませんか?

地肌にべったりヘアカラーを塗るのを自然に受け入れていませんか?

良くないとは思っていてもあまり危険とおもっていない場合がほとんどです

染めていて、刺激を感じたり、不快感がある方はは症状が悪化する可能性があります。

アレルギー反応が発症してしまうと、治ることが大変困難になります。

私は何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫というこではありませんので注意をしたほうが良いです。

ヘアカラーには危険性あるものが含まれています

体調が良くないときは、無理せず染めないことをお勧めします。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

また、今の状態で刺激やかゆみを感じるかたはその症状を美容師さんに伝えることも予防の一つとなります。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

ヘアカラーを少しでも安全に染めたい方は、ご相談下さい。

➡ 安全な毛染め詳細 

➡ 安全なホームカラー詳細

生せっけん

ヘアカラーの危険性ご存知でしょうか。

「なんだか最近かゆいな」 もしかしたらヘアカラーが原因かもしれません。

いつも染めてなんともないから大丈夫って思っていませんか?

アレルギー反応は突然やってきます。前回染めたときなんともなくても、次染めたら駄目かもしれません。

染めているときにヒリヒリするのは要注意です。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。

頭皮が弱いかたによくある症状です。体調がすぐれない時も感じることがあります。

体調不良時はカラーを控えたり、カラーを頭皮につけないように染めるのが望ましいです。

悪化すると皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

少しでも安全な対策を考えてはいかがでしょうか。

毛染めの危険性

痒み症状が出ている場合は、今後ヘアカラーができなくなるかもしれません。

カブレ症状の重症化はとても危険です。

1週間以上続く場合は、皮膚科にいくことをお勧めします。

 

ヘアカラーで不安に思う症状がある方はぜひご相談ください。

➡ 安全な毛染め詳細  ➡ 安全なホームカラー詳細

 

生せっけん

カラートリートメントでも頭皮が赤く、毛先がごわごわに。

髪を痛めたくないので、カラートリートメントをしています。

髪の毛が細いし、くせ毛です。

最近髪の毛先がごわごわしはじめて、
顔回りの頭皮も赤くなっている感じがします。

数年前にヘアカラーをして、頭皮を染めているときから数日かゆみが続いたことで
ヘアカラーでの白髪染めをやめたそうです。

自分でのカラートリートメントも面倒だし、襟足付近がうまく染まらいことから
久しぶりに白髪染めをしようと思っていたところでした。

ネット検索で安全カラーを見つけたので、一度体験してみようとご来店されました。

 

 

『髪を傷めず、白髪を安全に染めることはできますか?』

100%安全に白髪染めをすることはできません。

白髪染めの薬剤に含まれている
❖有害成分により、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。
❖ダメージ成分が、髪を傷める原因になります。

少しでも、安全に染めていただく為に
❖有害成分をブロックし、ダメージ成分を中和することで、頭皮や髪の毛への負担を軽減することができます。

安全カラーを体験されて
◇頭皮に薬剤をつけないように染めてくれたので、頭皮の赤みもかゆみも出なかったそうです。

確かに一度でも白髪染めによる何らかの症状が出ることは怖いことです。
怖いことを体験されているお客様は、安全カラーを求めています。

今は症状が出ていないので、私は大丈夫。
そういう人は皮膚が弱い人でしょ、私は大丈夫。
いいえ。
誰にでも起こり得ることです。
そうなる前に、安全な白髪染めを考えてみてはいかがですか?

 

安全なホームカラー➡詳細

安全な毛染め詳細