生せっけん

毛染めによる様々な トラブルの原因

カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触で かゆみ などの症状となります。

髪が細くなる、パサつく原因 カラー剤に含まれているダメージ成分が十分に中和処理されていない場合があります。  毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。                                                      危険がいっぱい    まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。ご注意下さい。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪や頭皮にダメージが残ります。       カラー剤の種類    毛染めの種類や染め方で色々と違いがあります。

毛染め剤にはメリット、デメリットは必ずあります。
その中から自分に望ましいヘアカラーをお探しください。

      カラーグレスを体験されて
カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。今まで、色々なカラー剤でやってきましたが、こんなに違和感なく、綺麗に染まったことはありません。との事。

 

<一般的なヘアーカラー>                                                                      美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、バリエーションが多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こす事もあります。ダメージ成分により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなど
有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでたり
臭いがきつく、具合が悪くなる人もいます。
※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

☞ ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

ヘアカラーで痒みやしみるのは辛くないですか。

カラーグレスは、頭皮のヒリヒリやピリピリの刺激が緩和され

独特なカラー剤の匂いも気にならないと好評です。

今まで、ヘアカラーで刺激があるのは当たり前と思っていませんでしたか?

ヒリヒリやピリピリなどの症状が出ている方は、 カブレの症状がひどくなることも考えられますご注意ください。

重症化すると皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

今は大丈夫でも今後、カブレ症状が出て染められなくなることも十分考えられます。

少しでも安全な対策を心掛けてください。

市販のヘアカラーは、誰でも染めれるようになっているため薬剤の刺激が強いものも多いのです。

ご使用の際は注意が必要です。

体調不良時はカラーを控えたり、カラーを頭皮につけないように染めるのが望ましいです。

 

ヘアカラーで痒みやしみる症状が出てしまう方へ

どのくらい痒みが続きますか?痒み症状が出ている場合は注意が必要です。
1週間以上続く場合は、皮膚科にいくことをお勧めします。

 

ヘアカラーで不安に思う症状がある方はぜひご相談ください。

 

ホームカラーグレス→詳細
カラーグレス→詳細

生せっけん

定期的にするなら安全なもので染めましょう

カラーグレスは、独特なカラー剤の匂いの緩和などにも優れています。

痒みや頭皮の赤みを気にされているお客様も喜んでご利用されています。

染めているときにヒリヒリするのは注意が必要です。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。

ひどくなると、皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

何も感じないから大丈夫ということではありません。

今は大丈夫でも今後、カブレ症状が出て染められなくなることも十分考えられます。

少しでも安全な対策が必要です。

 

染めて頭皮がヒリヒリすることがある

頭皮が弱いかたによくある症状です。体調がすぐれない時も感じることがあります。

体調不良時はカラーを控えたり、カラーを頭皮につけないように染めるのが望ましいです。

どのくらい痒みが続きますか?

 

痒み症状が出ている場合は注意が必要です。

1週間以上続く場合は、皮膚科にいくことをお勧めします。

 

ヘアカラーで不安に思う症状がある方はぜひご相談ください。

ホームカラーグレス➡詳細

カラーグレス詳細

生せっけん

その痒み、毛染めによるかぶれの症状です。

先日カラーグレスを体験していただいたN様、本日で3回目。いつも、次の日に痒みがひどくなり、どうしたらよいのかとても悩んでいたそうです。美容室で染めても、市販のカラー剤で自分で染めても、いつでも痒みが襲ってきたそうです。基本 2週間に一度のホームカラーで安心して染められるようになったそうです。
● 染めている最中に起きる症状。
チクチク、ピリピリ、かゆい、、など 毛染めはしみるもの、だと思っている方が大変多いですが当たり前ではなく、それはかぶれ症状の始まりかもしれません。        ● 自宅に帰ってから起きる症状。
頭皮の赤み、かゆみ、ふけのような かさぶた、腫れ等の症状が数日続きます。
あれ?なんかひどく、いつもと違うけど数日でなくなるので大丈夫か、、、。

〇頭皮だけではなく、顔回り首回りにも赤み・かゆみ・腫れなどの症状が。
数日ではなく数か月続くこともあります。
ここで初めて、もしかして危ないかも、毛染めができなくなるかもと不安になります。

 

症状が悪化してしまうと、
顔・瞼の腫れ、全身のかゆみ、呼吸困難になる方も。
そうなってしまうと白髪染め(酸化染毛剤)で染めることができなくなるどころか、命の危険も!一度出てしまった症状は治ることはなく、染め続けていると進行していくだけです。          毛染めによるアナフィラキシーの発症 
染毛剤(ヘアダイに含まれる環境ホルモン)によるアナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)の症状は、激しい呼吸困難症状、顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛み、咳、食欲不振を訴え、舌・喉・首のむくみによる呼吸困難(アナフィラキシー様の状態)、目に入ったり、眉毛やまつげに使用した時に、目が焼け付くような感じ、まぶたの腫れ、結膜の充血、悪くすると失明も報告されています。 生殖機能障害  ・ 接触性皮膚炎  ・ 結膜炎  ・ 気管支喘息  ・ 腎臓障害 ・ 貧血 ・ 発ガン性 ・ 頭皮や顔のただれ ・ ショック症状 ・ 強いアレルギー反応なども有害です。「 殆どの毛染めは有害である 」 という事を覚えておいてください。 

☞ ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

定期的にヘアカラーしている場合は、カブレの可能性があります。

「なんだか最近頭皮かゆいな」 は今後大きな問題になることがあるかもしれません。

冬場になると乾燥による痒みも感じられることもありますが、ヘアカラーによるアレルギー症状による痒みかもしれません。

いつもは大丈夫でも、ある日染めると痒みや頭皮の赤みが出てくることもあります。

なんともないから大丈夫って思っていませんか?

アレルギー症状はコップに水を貯めるようなもので、限界になると症状がでます。

前回染めたときなんともなくても、次染めたら駄目かもしれません。

 

染めているときにヒリヒリするのは要注意です。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。

頭皮が弱いかたによくある症状です。体調がすぐれない時も感じることがあります。

体調不良時はカラーを控えたり、カラーを頭皮につけないように染めるのが望ましいです。

悪化すると皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

少しでも安全な対策を考えてはいかがでしょうか。

毛染めの危険性

 

痒み症状が出ている場合は、今後ヘアカラーができなくなるかもしれません。

カブレ症状の重症化はとても危険です。

1週間以上続く場合は、皮膚科にいくことをお勧めします。

 

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーグレスはこちらから

➡ ネットショップはこちら

生せっけん

2~3週間に1度染められる方はかぶれにご注意ください。

ヘアカラーの頻度が高いとその分、アレルギー反応が出る可能性が高まります。

40代、50代の白髪染めが増えていますが、カブレないように染めることが理想的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2~3日痒いだけだから・・・」「ちょっと頭皮が赤い位」は重症化する可能性が高いです。

アレルギー症状は、治ることはほとんどありません。とても深刻な問題です。

何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫ということではありませんので注意をしたほうが良いです。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーはこちらから

➡ ネットショップ

生せっけん

痒みや頭皮の赤みが出る方に、大変喜ばれています。

ヘアカラーによるアレルギーの危険性はよく知られています。

ですが 多少痒かったり、頭皮が赤くなったりしていても染め続けてるというかたが、けっこういらっしゃいます。

しょうがないと思っているのがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー症状は、治ることはほとんどありません。とても深刻な問題です。

何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫ということではありませんので注意をしたほうが良いです。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

カラーグレスは安全に染めたい方に大変喜ばれています。

カブレやかゆみなどでお困りの方は、ご相談下さい。

 

➡ カラーグレスについて

➡ ご自宅用のホームカラーはこちらから

➡ ネットショップ

生せっけん

50代からの白髪染めはできるだけ安全に

 20代30代から白髪染めの需要が増えてきています。

白髪染めに含まれる有害な成分は、蓄積することでいつかアレルギー症状として発症する可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪が増えてくるとヘアカラー頻度も増えてきますね。

白髪が気になる方は2週間もするとまた白髪が出てきて、美容室や自宅で染める方も増えていらっしゃいますね。

ヘアカラーの薬剤は、有害成分がたくさん入っており、髪、頭皮に良いものではありません。危険なものです。

自宅で染められているかたは特に注意が必要です。

価格も安くて気軽に染めるホームカラーは大変人気ですが

誰にでも染められるように作られていてるので、その分薬剤の危険性が高いことがあります。

悪いものが蓄積していくと突然カブレたりして、もうヘアカラーが出来なる日が来るかもしれません。

カブレ症状が起きる前に、ヘアカラーの危険性について考えを改めましょう。

常に髪を美しくしていたいと思う方には、少しでも安全なヘアカラーをすることをお勧めします。

安全性の高い毛染め詳細

安全性の高いホームカラー

生せっけん

ヘアカラーを利用している約半数は知らない怖いこと

ヘアカラーによるアレルギーの危険性をご存知ではあると思います。

ですが約半数のお客様は、染めているサロンを変えたり、カラー剤を変えれば問題は解決されると思っているようです。

これは、大きな間違いで根本的な問題の解決になっていません。

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー症状は、治ることはほとんどありません。とても深刻な問題です

私は何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫というこではありませんので注意をしたほうが良いです。

体調が良くないときは、無理せず染めないことをお勧めします。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

また、今の状態で刺激やかゆみを感じるかたはその症状を美容師さんに伝えることも予防の一つとなります。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

ヘアカラーを少しでも安全に染めたい方は、ご相談下さい。

➡ 安全な毛染め詳細 

➡ 安全なホームカラー詳細

生せっけん

毛染めによる頭皮のかぶれは今日が良くても明日はダメになっているかもしれません。

毛染め後の頭皮のかゆみや水ぶくれがある方はご注意ください。

ヘアカラーの施術中に刺激があるの当たり前だと思っていませんか?

地肌にべったりヘアカラーを塗るのを自然に受け入れていませんか?

良くないとは思っていてもあまり危険とおもっていない場合がほとんどです

染めていて、刺激を感じたり、不快感がある方はは症状が悪化する可能性があります。

アレルギー反応が発症してしまうと、治ることが大変困難になります。

私は何も感じないから大丈夫というかたでも継続的にヘアカラーを行う事で、今後も大丈夫というこではありませんので注意をしたほうが良いです。

ヘアカラーには危険性あるものが含まれています

体調が良くないときは、無理せず染めないことをお勧めします。

具合いの悪い時には、染めずに過ごされるのが望ましいです。

また、今の状態で刺激やかゆみを感じるかたはその症状を美容師さんに伝えることも予防の一つとなります。

ヘアカラーが原因でカブレ、体調不良が起きているのを気づいていない方もいると思いますので、気を付けましょう。

 

ヘアカラーを少しでも安全に染めたい方は、ご相談下さい。

➡ 安全な毛染め詳細 

➡ 安全なホームカラー詳細