生せっけん

白髪染めによる頭皮・皮膚のかゆみの原因

札幌市在住 A様いつもご自分で染めておられます。本日 カラーグレス初体験。   恐ろしいアレルギー反応
カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触でかゆみなどの症状が出てきます。〇少しでも安全に毛染めをしていただく為に、頭皮には薬剤はつかないように塗布させていただきます。                                 髪が細くなる、パサつく原因  
カラー剤に含まれているダメージ成分を十分にケアーされていないからです。
〇ダメージ成分をしっかり中和することで、髪のパサつき、髪やせなど髪への負担を軽減することができます。                                       カラーグレスを体験されて
◇カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。                                        毛染めには色々な種類、施術方法があります。

髪にはいいけど明るく染まらない。
希望の色に染まるけど髪が細くなってきた。
など、毛染めの種類や染め方で仕上がりもだいぶ変わってきます。

※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

安全な毛染めとは
●1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。
※ 地肌につけないように塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減できます。
※ 頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。
●2剤に含まれている過酸化水素を中和。

かぶれる前に、予防が大切です!!
毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪が傷むものばかりです。
髪が傷むと年齢よりも老けて見られてしまうので髪のダメージは避けたいですね。
※ 皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減、ダメージ成分を取り除きます。

 

ホームカラーグレス➡詳細

カラーグレス詳細

生せっけん

毛染めによる痒み、圧迫感、全く感じませんでした!

本日、カラーグレス 初体験 札幌市西区在住A様。

美容室で白髪染めをしておられましたが、数年前から放置時間からの痒みが続き、かくこともできないという苦痛に悩まされ、自分で市販のカラー剤で染めるようになったそうです。( ボリボリかけるので )今回、初めてということで感想をおききしましたところ、全く臭いもなく、痒みもないと、大変喜んでおられました。

毛染めをした時の症状、後日の症状、今後の症状などのお話を聞いたお客様は、毛染めを簡単に考えていました。
これから長く付き合わなければいけない白髪染めだから今の状態のときに出会えてよかった~と。

カラーグレスって何!?

●1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。
※ 地肌につけないように塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減できます。
※ 頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。
●2剤に含まれている過酸化水素を中和。
※ 皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減、ダメージ成分を取り除きます。

〇頭皮の赤み、かゆみ、腫れ等の症状が数日続きます。
すでに、かぶれ症状が始まっています。

〇頭皮だけではなく、顔回り首回りにも赤み・かゆみ・腫れなどの症状が出てきました。
数日で引く場合もありますが、数か月続くこともあります。
症状が悪化してしまうと、
顔・瞼の腫れ、全身のかゆみ、呼吸困難になる方も。
そうなってしまうと白髪染め(酸化染毛剤)で染めることができなくなります。

一度出てしまった症状は治ることは殆どなく、染め続けていると進行してしまいます。

☞ ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

頭皮、髪の悩みが一つ解決しました。

カラーグレス歴 2年6か月

 札幌在住のお客様。以前より髪が細く柔らかく、薄くなってしまったことを気にしておられました。頭皮も硬く抜け毛もあったということで、かなり心配だったそうです。毛染めのあとは必ず痒みや赤みが出てしまい、ヒリヒリ痛い、苦痛が続いていたそうです。今は、二か月に一度安心して染めることができるようになり大変喜んでいただいております。  美容室で使用されているカラーリング剤や、ドラッグストアで売られているヘアカラー剤にはアルカリ性カラー(酸化染毛剤)が多く使用されています。 アルカリ性カラーは何故、かぶれ症状を引き起こすのか?
カラーリング剤の1剤に含まれている化学物質(ジアミン)がアレルギー皮膚炎を引き起こし、かゆみやかぶれ等の症状がではじめます。

カラーリング剤の2剤に含まれている過酸化水素が髪を傷める原因になります。

頭皮のかゆみ、腫れだけでなく、身体にも症状が出る方もいます。その時の体調が悪かったからではなく、
今からでも、安全な白髪染めをすることをおすすめします。

毛染めの危険な成分とは・フェニレンジアミン・パラフェニレンジアミン。。。『 ジアミン 』 といわれる有害な成分です。

ジアミンは髪の毛をしっかり染めるために配合されていため、白髪染めのほとんどのカラー剤に使用されています。

頭皮の皮膚の炎症

じんましん、かぶれ、湿疹、腫れ、むくみ

呼吸困難や意識障害 (アナフィラキシーショック)

初めは軽い症状でも、のちに白髪染めが出来なくなるかもしれません。ジアミンによるアレルギーは一度起こると基本的にはずっと反応してしまいます。これらの症状のある場合いは、毛染めの成分が原因で引きおこるカブレの症状が多く、 今は大丈夫でも将来的には何らかの症状(アレルギーや内臓疾患など)が発症してしまう可能性があります。発症してしまうと 元には戻りづらく、軽度から 重度のアレルギーになっていく事もあります。

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

 

生せっけん

頭皮を守り、髪を傷めないことが希望です。

髪を傷めないように染めてください。

最近は頭皮に、かゆみもあります。

本日初ご来店のお客様。

以前はくせ毛ばかりを気にして、髪の痛みや安全性には関心がありませんでした。
少し前から髪の毛も変わってきた感じがします。
髪の艶もなく、パサパサして、細くなってきました。

植物性の毛染めなら安全だし、髪にも良いと聞いたので、色々と試しました。

天然カラー、オーガニックなど、色々と。

頭皮は大丈夫でも、中々白髪に色が入らない、二度染めと時間がかかる。
さらに染めてみて初めて色がわかるらしく、髪が赤くなったり。
希望の色で染めることができても、頭皮にかゆみが。
2回目からはブツブツが出来始めました。

そんな時に、
「白髪染めでの頭皮、髪のトラブル、髪の傷みが気になる方」を見て
一度は試してみようとご来店いただきました。

白髪染めは100%安全なものはありません。

白髪染めの何が危険で、そのためにはどのようにしていくのか、を知って頂くことも必要だと思います。

今日は少しでも安心して頂けるよに、白髪染めをさせていただきます。

 

安全なホームカラー➡詳細

安全な毛染め➡詳細

生せっけん

ヘアカラーって 怖いものなんですね!

長年通っていただいている小樽市在住のお客様。もともと敏感肌で髪も細く かぶれやすくなっていました。今まで知らなかった、かゆみの原因やヘアカラーの危険性を伝えてみました、これまで なんとなく分かっていた毛染めの危険性について 興味を持って聞いていただき、驚きがいっぱいでしたとの事。                        当店では、地肌につけずに染める。今までにない 安全性の高い技術。また、髪に有害なものが頭皮に残らないように中和処理というもの。いつも、染めている間にすでにかゆみがでるのですが、毛染め独特の 頭皮の圧迫感もない、匂いもなく、地肌に違和感が全くありませんでした。

カブレが酷くなってしまうと、二度と染められなくなってしまいます。

髪の傷みを気にしていらっしゃる方は、多いのですが。安全性に関してはさほど重要視していない方がほとんどです。

市販のヘアカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪も傷みますしカブレなどの頭皮の危険も心配です。

 頭皮の痒みや痛みはカラー剤は頭皮につけないように、櫛などでつけることをおすすめします。

【 毛染めによるアナフィラキシーの発症 】
染毛剤(ヘアダイに含まれる環境ホルモン)によるアナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)の症状は、激しい呼吸困難症状、顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛み、咳、食欲不振を訴え、舌・喉・首のむくみによる呼吸困難(アナフィラキシー様の状態)、目に入ったり、眉毛やまつげに使用した時に、目が焼け付くような感じ、まぶたの腫れ、結膜の充血、悪くすると失明も報告されています。 生殖機能障害  ・ 接触性皮膚炎  ・ 結膜炎  ・ 気管支喘息  ・ 腎臓障害 ・ 貧血 ・ 発ガン性 ・ 頭皮や顔のただれ ・ ショック症状 ・ 強いアレルギー反応なども有害です。「 殆どの毛染めは有害である 」 という事を覚えておいてください。

 

安全なホームカラー➡詳細

安全な毛染め➡詳細

生せっけん

パッチテストでは 問題なかったのに、、、、

実際 白髪染めをしてみたところ 頭皮はヒリヒリ、全体が熱くなりました。

札幌市西区 S 様  この度初めてご来店のお客様。長年通われていた 美容室で 毛染めによるお肌のトラブルが起きたとのこと。パッチテストもやってみました、腕の内側にカラー剤をつけて 放置。そのときはしみることもなく 大丈夫でした。が、ヘアカラーをしてみると忽ちジリジリいたくなり、シャンプーに入った時には ヒリヒリ痛くて痛くて。。。。毛染めが恐ろしくなったそうです。

パッチテストとは 

一般的に 毛染めでかぶれる可能性があるか否かを 事前に調べる方法です。が、腕には反応が出なくても 頭皮で症状がでることもありますので 十分に気を付ける必要があります。

そして、染めているときにヒリヒリするのが当たり前だと、思わないでください。

ヒリヒリなどの症状が出ている方は、 今後カブレ症状がひどくなることも考えられますご注意ください。症状がひどくなると、病院に通わないといけなくなるかもしれません。何も感じないから大丈夫ということでは決してありません。

今は大丈夫でも今後、カブレ症状が出て染められなくなることも考えられます。

本日の S 様 。。。 頭皮に負担をかけない、地肌に付けない塗布 の方法で、全く染みることもなく、頭皮の違和感も感じられませんでしたと 大変喜んで頂きました。

近年、市販のカラー剤はもちろんのこと、美容室におきましても カブレなどによるヘアカラーのトラブルが大変増えてきています。

 

大丈夫かな??

少しでも不安に思っている方、安全なカラーをお勧めいたします。

ご相談ください

 

 

✂サロンで➡ 安全な毛染め詳細

🏠自宅用 ➡ 安全なホームカラー詳細

 

生せっけん

いつも安心して白髪染めがしたい。

毛染めをもっと安全にするために。

美容室や市販でのヘアカラーでカブレなどの症状がでる方は増えてきています。
少しでも安全にヘアカラーをすることをおすすめします。

① カブレやかゆみの原因、アレルギー症状などを引き起すジアミン(PPD)などを除去。

② 髪の傷みの原因となる残留アルカリ剤、過酸化水素剤を中和。

③ 頭皮に薬剤がつかないようにコーム塗布。

札幌市 西区 N様

数年前から、頭皮に赤みが出てくるようになり、毛染めをすると プチプチができ、痒みが出るようになりました。色々と病気や、薬を飲んでいる事もあり、以前より敏感になってきましたとの事。かぶれの原因は色々あり、洗いすすぎがきちんとされず、頭皮や顔周りの皮膚に残ってしまっていたのか、原因は色々と考えられます。また、そのときの体調や、商品の内容成分、使い方、様々な事で変わってくるので、特定は難しいですが 何かしらの反応が出てしまったということです。

まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

自分は、かぶれないから大丈夫!というのは、かぶれ予定者であることを知って下さい。
自分を守るためにも安全性の高いヘアカラーを選びましょう。

 

白髪染めを少しでも安全に染めたい方は、ご相談下さい。

安全性の高い毛染め詳細

安全性の高いホームカラー

生せっけん

美容室の白髪染めでかぶれてしまいました。

自分で染めるよりも美容室で染めるほうが安全だと思っていました。

何度となく白髪染めをしているのに。

本日ご来店の50代のお客様です。

その日も白髪染めをしている時は、なんの問題もありませんでしたが、
次の日にかゆみがではじめ、頭の中の皮膚が所々腫れている感じがありました。

それからは、染めるたびに頭皮・顔の周りとかゆみが広がってきた感じがします。

少しでも白髪染めの嫌な症状が出ないで染めたいです。とご来店いただきました。

白髪染めでのかゆみなどは、たまたま体調が悪かったから?

確かにその日の体調も関係してくることもあると思いますが、

美容室で使用されているカラーリング剤や、ドラッグストアで売られているヘアカラー剤にはアルカリ性カラー(酸化染毛剤)が多く使用されています。

アルカリ性カラーは何故、かぶれ症状を引き起こすのか?

カラーリング剤の1剤に含まれている化学物質(ジアミン)がアレルギー皮膚炎を引き起こし、かゆみやかぶれ等の症状がではじめます。

カラーリング剤の2剤に含まれている過酸化水素が髪を傷める原因になります。

頭皮のかゆみ、腫れだけでなく、身体にも症状が出る方もいます。

その時の体調が悪かったからではなく、
今からでも、安全な白髪染めをすることをおすすめします。

安全な毛染め  ➡詳細

生せっけん

事前に知ることにより、早めに予防ができます!

カブレてからでは遅いヘアカラーの危険性。早めに予防する事で危険な毛染めから守ります。

毛染めは身体に悪いし、髪も痛むだろう、、そう思っている人は多いと思います。美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、カラーバリエーションが多く、デザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こしている現状があります。
市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをお勧めします。

一般的に出回っているカラー剤には 強いアレルギー反応を起こす原因であるパラフェニレンジアミンという成分を含む物が多く、特に色が濃く染まる毛染め剤ほど含有率が高いといわれています。また美容室でやっているからといって、全てのカラー剤が安心、安全とは決して言えません。
薬剤の中には、様々なダメージ成分が入っている事により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなどが多くあげられます。
有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでるニオイがきつく、具合が悪くなる、
近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えていいます!!

安全な毛染めとは

●1剤に含まれている有害成分(ジアミン)を除去。
※ 地肌につけないように塗布することで頭皮の違和感、からだへの負担を軽減できます。
※ 頭皮のかゆみ、かぶれが軽減できます。
●2剤に含まれている過酸化水素を中和。
※ 皮膚がしみたり、髪の傷みが軽減、ダメージ成分を取り除きます。

数年前から 段々と、しみるようになってきました。
札幌市厚別区在住 F様
今回、長年ご来店頂いているお客様のご紹介。安全に毛染めができる美容室があるよ!とお話をきいて やっとの思いでご来店。
白髪がだんだん増えてきているのが気になり自分でもヘアカラーをする頻度が増えて、顔回りや頭皮に違和感を感じるようになり
これ以上ヘアカラーをするのは無理かとあきらめかけていたそうです。

体験後。。。地肌につけないで塗る事で 全く違和感もなく、逆に髪の毛もツヤツヤになり喜んで頂けました。後日、お電話にて確認させていただきましたところ、全く問題ないとの事で安心。

自分は大丈夫!と思っている方

かぶれ予備軍かもしれません!!

安全な毛染め     ➡ 詳細

生せっけん

安心して毛染めができるようになりました。

毛染めをするたびに、かゆみや湿疹がひどくなりました。

札幌市清田区 Y様

しかし、白髪のままだと老けて見えるし、かなりのストレスになると思いました。

今まで知らなかった、かゆみの原因やヘアカラーの危険性を丁寧に教えていただきましたところ、驚きがいっぱいでした。
こちらのカラーは、地肌につけずに染める今までにない はじめての試みです。また、髪に有害なものが残らないように中和処理も    してもいました。
いつもなら、染めている間にすでにかゆみがでるのですが、毛染め独特の 頭皮の圧迫感もない、匂いもなく、地肌に違和感が全くありませんでした。

白髪染め 『 かゆみ・ヒリヒリ・かぶれ 』 になるのはなぜ?これはヘアカラー剤によるアレルギー反応です。

なぜヘアカラーや白髪染めでアレルギーが起こるのか!?
市販や美容室などで使われている毛染め剤にはアレルギー症状を起こす原因となる成分が配合されているからです。

毛染めの危険な成分とは・フェニレンジアミン・パラフェニレンジアミン。。。『 ジアミン 』 といわれる有害な成分です。

ジアミンは髪の毛をしっかり染めるために配合されているので、白髪染めのほとんどのカラー剤に使用されています。

●頭皮の皮膚の炎症

●じんましん、かぶれ、湿疹、腫れ、むくみ

●呼吸困難や意識障害 (アナフィラキシーショック)

初めは軽い症状でも、のちに白髪染めが出来なくなるかもしれません。ジアミンによるアレルギーは一度起こると基本的にはずっと反応してしまいます。これらの症状のある場合いは、毛染めの成分が原因で引きおこるカブレの症状が多く、 今は大丈夫でも将来的には何らかの症状(アレルギーや内臓疾患など)が発症してしまう可能性があります。発症してしまうと 元には戻りづらく、軽度から 重度のアレルギーになっていく事もあります。

より安全なカラーで身体への負担をなくしましょう。

安全なホームカラー詳細

安全な毛染め詳細