生せっけん

毛染めによる様々な トラブルの原因

カラー剤に含まれている有害成分(ジアミンなど)が皮膚への接触で かゆみ などの症状となります。

髪が細くなる、パサつく原因 カラー剤に含まれているダメージ成分が十分に中和処理されていない場合があります。  毛染めは良くないと思ってる方はたくさんいると思いますが、こんなに危険だと思っている方はまだまだ少ないようです。
カブレが起きてからでは遅いのです。100%絶対なものはありません。市販の安価なカラー剤だけではなく 美容室のカラーでも危険なものがいっぱいです。少しでも安全なカラーをしていただく事をお勧めします。                                                      危険がいっぱい    まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。ご注意下さい。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、髪や頭皮にダメージが残ります。       カラー剤の種類    毛染めの種類や染め方で色々と違いがあります。

毛染め剤にはメリット、デメリットは必ずあります。
その中から自分に望ましいヘアカラーをお探しください。

      カラーグレスを体験されて
カラー剤が頭皮につかないだけで染めているのに嫌な感じがありませんでした。髪の艶にも驚きました。今まで、色々なカラー剤でやってきましたが、こんなに違和感なく、綺麗に染まったことはありません。との事。

 

<一般的なヘアーカラー>                                                                      美容室や市販のホームカラーなどに、もっとも多く使用され、バリエーションが多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るヘアーカラー技術ですが、危険な症状を起こす事もあります。ダメージ成分により、枝毛、切れ毛、パサツキ、きしみ、色持ちが悪いなど
有害成分(ジアミン等)により、アナフィラキシーなど身体に害があるアレルギー症状がでたり
臭いがきつく、具合が悪くなる人もいます。
※近年ではトラブルが急増し、消費者庁への苦情が増えています。
まだアレルギー症状が出ていない方でも継続的にカラーリングを行う事で、
将来かぶれ症状が発生する可能性があります。
市販のカラーは安くて気軽に染めることができますが、ダメージや危険が多いのも事実です。

☞ ホームカラーグレスの詳細⇒ こちら

☞ カラーグレスの詳細は⇒ こちら

生せっけん

毛染めによる頭皮・髪のトラブルでお悩みのかたが多くなってきています。

毛染めが頭皮の乾燥原因に?

毛染めをすると何故頭皮が乾燥するのか?

薬剤により頭皮が刺激され
乾燥や、かゆみ、かぶれなどのトラブルやアレルギー症状を引き起こすことがあります。

頭皮は身体の薄い皮膚と比べると、皮膚内部への浸透率は倍にもなります。
頭皮に付いた薬剤は、すぐに頭皮内に浸透してしまい毒性があるものはもちろん、毒性がないものでもアレルギー性皮膚炎になることもあります。
そうなってしまうと乾燥はいつまでも続き、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

毛染めでのトラブルを最小限に抑えるには?

使用する毛染め剤を安全なものを選ぶこと。
施術内容を確認すること。

今は大丈夫な方でも、
ご自宅での髪や頭皮のケア方法にも気をかけてみては?

もともと乾燥しやすい、紫外線を多く浴びる環境にある人などは、
一般的なアルコール系のシャンプー剤は、洗浄力が強く必要な皮脂も取ってしまいます。
それにより頭皮を守る表皮がボロボロになってしまいます。
毛染めをされている方は毛染め専用のシャンプーをお勧めします。

 
肌が弱い、毛染め剤による肌への影響が気になる、とご心配な方は、
安心して毛染めをしていただくためにも施術前に気軽にご相談下さい。
肌トラブルが発生してからでは大変です。

 

 

安全な毛染め  ➡詳細

生せっけん

今まで感じることのなかった不快感 。これが、かぶれのはじまり!?

毛染めをした数日後には 頭全体に痒みがでます。

こんな症状になったのは 数か月前から。それまでは 何の違和感もなく毎月染めていましたが気が付くと頭皮に違和感。いつも痒みが気になります。札幌市 T様

 

IMG_1357

こんな症状ありませんか?

・自分で髪を染めて、痒みがでた。(赤み、カサカサ)

・美容室で髪を染めて、かぶれた。(ジュクジュク)

・染めたあと頭皮にデキモノができた。

これらの症状のある場合いは、毛染めの成分が原因で引きおこるカブレの症状が多く、 今は大丈夫でも将来的には何らかの症状(アレルギーや内臓疾患など)が発症してしまう可能性があります。何日も痒みが続いたり、頭皮に水膨れなどがでていると、もうすでにアレルギー反応が出ている可能性が高いです。発症してしまうと 元には戻りづらく、軽度から 重度のアレルギーになっていく事もあります。

より安全なカラーで身体への負担をなくしましょう。IMG_9653

市販のカラー剤に限らず、美容室で使っているカラーでも危険なものがたくさんあります。特に危険なのは白髪染めです。白髪すぐに目立ってくるので頻度が多いですね。 頻度多いからこそより安全に染めることが大切です。

一日も早く、カブレの症状が出る前に安全性の高いヘアカラーに変える事が、予防となります。

少しでも安全に染めたい方、ご相談下さい。

 

➡  カラーリングの危険性詳細

➡ 安全性が高いホームカラー

生せっけん

毛染めのお薬、ほとんどが有害です。

特に、生理中、妊娠中の方、ご注意ください!

1399715757717生理中、妊娠中でなくても ヘアカラー自体が有害なものであり、頭皮から薬剤を吸収し、体内に蓄積されていると言われています。その結果、アレルギー体質になったり、内臓の病気など、身体に様々な悪影響を及ぼすことになります。

生理中の毛染め

〇 お肌が敏感な時期になっており、頭皮が弱くなっていることが多く、毛染め剤などの刺激の強い成分を与えてしまうと頭皮のカブレやヒリヒリなど、普段よりアレルギー症状が起こりやすい状態になっています。

〇 ホルモンバランスが崩れやすく、カラーの染まりムラもできやすい事があります。

〇 匂いにも敏感になりやすいので(匂いで気分が悪くなったり頭痛になったり)することがあります。

妊娠中の毛染め

〇ホルモンバランスの変化により 皮膚が大変敏感になっています。

〇薬剤で頭皮がかぶれたり、つわりの時期に匂いで気持ちが悪くなってしまったりする。(吐き気)

〇拘束時間も長く、妊婦さんにとって座りっぱなしでいる事は 腰痛やむくみの原因に繋がるので、妊婦さんの体調面から も注意が必要です。

今日は 体調がすぐれない。。。

20140516_175632ストレスや、疲労が重なっているなど体力がなくなってしまった時には、免疫力が低下しています。そんなときに、カラーリング や パーマなどにより、薬剤に過敏に反応しすぎてしまい湿疹やかぶれなどの症状が出る事もあります。

このような事から なるべく避けたいものですが、、、、、

どうしても、染めなくてはいけない場合いもあると思います。

そんな時は 自分で判断せず、専門の理美容師に相談してください。刺激の少ない毛染めや 頭皮に負担にならない方法をお教えいたします。

髪を傷めずに、安全に染める方法あります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。。。☟

➡ 安全な毛染め詳細  

➡ 安全なホームカラー詳細

 

生せっけん

年に2~3回 縮毛矯正 と カラーリング、 一体何年たったんだろう。。。

 『テレビ見た~毛染めって怖い』  9か月ぶりにご来店

もともと お顔の皮膚が薄く 化粧品にも反応しやすいので とても神経を使っています。今までは 顔だけを気にかけていましたが  「 危険なカラーについての報道 」 を見て、ちょっと怖くなりました。でも、くせ毛矯正、カラーリングで痛むのは仕方がないと思ってましたが、ひどく傷んだ感覚、かぶれなどは今のところ、感じないんですけどね、、と、札幌市M様。IMG_8895

札幌テレビ📺 どさんこワイドでも。

◆去年10月~数回にわたり 消費者庁から TV ニュースで発表

毛染めで [ 皮膚障害 ] の相談 毎年 200件

ヘアカラーを行った時、痒みや、はれ、湿疹など、少しでも炎症がある場合いは、アレルギー症状が発生する前触れとなり、一度発症してしまうと 殆ど、元には戻りません。残念ながら、少なくとも、ヘアカラーによるアレルギー体質ということになってしまいます。それが発端で、様々な 病気の引き金になってしまうことも、、、、。

IMG_0221

縮毛矯正は 絶対に痛まないという事はありません。

薬液を使って髪を真っ直ぐにするのですから、負担はかかります。お客様の髪質、薬液の選択、放置時間、軟化の度合など、、、、その時の状態に合わせて施術していきます。やはり、初めのカウンセリングが とても大事になります。

冬は 乾燥がひどい💦

水分バランスを整えましょう。パサパサすると、色々な物をつけ過ぎているお客様が多くみられます。何でもかんでも、やりすぎ、つけすぎはよくないので、本当に必要な物、安心できる物をじっくりとお選びいただきたい。

 危険なヘアカラーを 「髪を傷めず、カブレない」 ヘアカラーに変化させる。

IMG_0217

  〇 髪を傷めるアルカリ剤を100%中和。

  〇 髪をパサつかせる過酸化水素剤を100%中和。

  〇 もっとも危険な環境ホルモン(ジアミン)を98%ブロック。

  〇 頭皮のヒリヒリ、チクチク、かゆみ、水ぶくれを無くします

 

IMG_9653

 

アルカリ剤、過酸化水素、ダメージ成分を100%中和とは何!?

染まったあと、流す前にカラー剤がついたままの状態に
ダメージ成分中和剤、ムースタイプ を、モコモコにつけます。
数分後、洗い流します。
カラー専用のシャンプーなら髪の状態がさらに改善され、退色もしません。艶が出て、だんだんと 髪が綺麗になります!

 

髪のお悩み ご相談ください✂

➡ 安全な毛染め詳細

➡ 毛染めの危険性について

生せっけん

『 いつも頭皮が赤い、、、 』 『 ちょっと、ヒリヒリする~ 』

それは かぶれの 初期症状です。今は 軽い症状でも安心はできません。

IMG_9862

 

札幌市 東区 O様 『 なかなか美容室に来ることができず、先日、初めて市販のカラー剤を使ってみました。』 と、今回8か月ぶりにご来店くださいました。『 そう言えば、生え際の所が赤くなり、少しヒリヒリしましたね~ 』って!!

症状が 出ています!

頭皮に痒み、腫れ、湿疹などの炎症がある場合いは もうすでに アレルギー反応が出ているということです。一度 発症してしまうと 元には戻りにくく 軽度のアレルギー ~ 重度のアレルギー となる事も 考えられます。自分の今現在の症状、状態を把握して十分に 気をつけて行く必要があります。

アレルギー症状について

無度 ~ かぶれの症状が出ていない。  ( ※かぶれの予定者 )IMG_8895

軽度 ~ 施術中ピリピリ、2~3日痒みあり、そのあと収まる。

中度 ~ 1週間くらい かゆみ かぶれ 炎症が続く。

重度 ~ 2週間以上 かゆみ かぶれ 水ぶくれ ただれが続く。

超重度 ~ 科学物質が含まれている毛染め剤が使用できない。

安全にできる カラーリング

『 正直 そんなに気にしてなかった~。  カラーは昔から 痛む事だけは何となくわかっていたけれど ま、こんなもんだ~直接 身体に関係しているものだとは 思ってませんでした。でも 今回、染めてみた結果、全く痒みもなく、ヒリヒリもなかった。すごい!毛染めの危険なお話しを聞いて、改めて実感しました。でも、安全に染めることができるので安心です。 』

 

IMG_9578①有害成分98%ブロックします( 危険な環境ホルモン、ジアミンなど )

②ダメージ成分100%中和します( 痛みの原因であるアルカリ剤、過酸化水素剤 )

③地肌に付けない安全な方法( グレスタッチ )

こんな経験 ありませんか!?

●頭皮が赤くなる。●ピリピリしみる●ふけのようなものがでる●ジュクジュクする●湿疹がでる●痒い●水ぶくれができる●気分が悪くなる●皮膚科に通う。。。。●髪がギシギシ●色落ちする●枝毛ができる●艶がなくなる●乾燥する。。。。

染めてる最中に反応が出る場合いや、自宅に帰ってから症状が悪化することもあります。

これからも安心して染めることができるように 色々な情報を伝えていきたいと思います。

➡ 安全な毛染め詳細

日頃、忙しくて なかなか美容室へ来られない方のための 自宅専用カラーセットあります。

➡ 安全なホームカラー詳細

ヘアカラーを少しでも安全に染めたいお客様、いつでもご相談下さいm(__)m

 

生せっけん

あなたの周りにも 毛染めで悩んでいるお友達はいませんか!?

身体に悪い、髪が痛む、、、このくらいは認識していました。

市販の部分染めを生え際に少し付けていただけなのに。 

IMG_9580札幌市 西区 Y様

長年 当店に通っていただき 2か月に一度 全体の白髪染めをしています。当初は 生え際も少ない量の白髪でしたので、しばらくは 市販の部分染めを使っておりました。元々、肌も弱いので 地肌に付かないと思っていたマスカラタイプなら 大丈夫だ!と思っていたそう。徐々に、白髪が増えてきて 追いつかなくなり、今では全体染めへ。

〇 いつも綺麗でいたいから。

普段、仕事をしていると 人の目が気になります。常に白髪を見られているようで 綺麗にしたいと思い、何年か使い続けていたある日 突然 こめかみの所が 赤くなり 痒みと少し腫れたようになりました。IMG_9570

〇 白髪染めでも部分染めに特化した商品は 色々ありますが、、、

汗をかいて皮膚に付いた、、、あるいは、洗い、すすぎがきちんとされず、頭皮や顔周りの皮膚に残ってしまっていたのか、原因は色々と考えられます。そのときの体調や、商品の内容成分、使い方、様々な事で変わってくるので、一概には言えませんが 反応が出てしまったという事実です。

〇 では、2週間で 気になる白髪  どうしたらいいの!?

IMG_8860当店では、危険な一般的なヘアカラーを 「 髪を傷めず、カブレない 」 ヘアカラーに変化させる技術があります。この技術をきっかけに 自宅でも安全にサロンと全く同じものを使って染められる ホームカラー もあります。

  • 髪を傷めるアルカリ剤を100%中和します。
  • 髪をパサつかせる過酸化水素剤を100%中和します。
  • もっとも危険な環境ホルモン(ジアミン)を98%ブロックします。
  • 頭皮のヒリヒリ、チクチク、かゆみ、水ぶくれを無くします。
  • アナフィラキシーショック、内臓障害、がんなど引き起こす可能性を大きく軽減します。

〇 これで いつでも安心して染められます。

Y様、今まで通り、二か月に一度 サロンにて全体染めカット。そして、ご自宅で2~3週間に一度のペースで、生え際、分け目を重点的に、安心してお使いいただいております。その後の痒みかぶれは 一切なくなりました。

( これからの事はわかりませんので、常に慎重に対応させていただきます。なぜなら、絶対大丈夫って事はないですから。)

最近、『 NHK、STVニュース 』 などで 多く取り上げられております。

来店されるお客様の口から、『 TVみたよ~怖いね 』 『 カラーリングって、そんなに危険なんだね。 』          と、今までそれほど興味深くなかったお客様から言っていただく事が 大変多くなりました。これからも もっと多くの方たちに 知っていただけるように 発信し続けます。    

お悩み ご相談 お待ちしております。                                                                                                                      

➡ 安全な毛染め詳細 

➡ 安全なホームカラー詳細

生せっけん

消費者庁の安全調査委員会から毛染め剤問題報告書が発表された。

とうとう・・・

ヘアーカラーの危険性について、消費者庁の安全調査委員会が昨年からプロジェクトを組んだとは知る所だが、とうとう、ニュースとしてNHKから発表された。


1455162_558770507547931_850920975_nヘアーカラーをした時に炎症やかゆみなどがある場合、アレルギー症状発症の前触れとなり、発症したら戻ることは殆ど不可能となる。

さらに様々な病気発症の発端となる可能性が懸念される。

➤ 毛染めの危険性の詳細

❖いよいよ・・・

怖い方は、ヘアーカラーをしない事が一番の方法である。
もし、ヘアーカラーをしたいなら、安全にできるモノを利用するべきである。

いよいよ、私達が取組んで来た技術や商品が必要とされる時代来た様です。
関心のある方は、まずNHKニュースを見て下さい。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151023/k10010280241000.html

himitorogo2カラーリングを安全に行う技術

今までのカラーリング剤を安全に行う技術が「カラーグレス」である。
この技術は、人美人と言う理美容師の組織が開発したもので、年々取扱うサロンが増えている。
しかし、まだ取扱いサロンも少なく、全国を網羅していない。
今後は、カラーグレス講師の団体が拡大を進める方向となっている。

カラーグレス取扱いに関心のある方はお問い合わせください。
人美人➤http/://himito.com

生せっけん

白髪染め、地肌につけないで 染められるの!?

もちろん、 染められます!!

殆どの 毛染めが髪を傷め、身体に危険であることを ご存知ですか!?

グレスタッチ技術▼

20140516_165018IMG_7078

札幌市 中央区 在住 T 様

最近 カラーの後、 痒みや、ブツブツが出るようになり、グレスタッチで 白髪染め。

*グレスタッチとは 、、、、有害成分98%カットし、ダメージ成分を100%を除去するカラーグレスを、より 安全に、

地肌に付かないように コーム塗布する施術です。

 

赤みもなく、痒みも 軽減されたと 喜んでいただけました。

20140516_174120

 

毛染めが 髪や頭皮に良くないと思っていらっしゃる方は 多いと思いますが、、、

身体にも かなりの悪影響 を 及ぼしていると ご存知ない方が 多かったと、当社独自のアンケート調査によって明らかに なりました。

  • よく知っている          19%
  • 知っている            26%
  • 聞いたことがある        31%
  • よく 知らない          25%

一般的な ヘアカラー( アルカリカラー剤 ~ 酸化染毛 ~ )には 髪が傷むだけではなく 薬剤の中には

強い毒性を持つ化学物質 が 何種類も含まれており、私たちの身体に 大きく影響しています。

恐ろしい事です。

カブレ

 

今までに、こんな症状に なったことは ありませんか!?

○ ヒリヒリ ○ ズキズキ ○ チクチク 

○ 赤み ○ 痒み ○ 腫れ 

○ 湿疹 ○ 頭痛 ○ 膿がでる

このような 症状が ひとつでもある方は 毛染めによる アレルギー反応です。

いくつ ありましたか!?

当店 カラーグレスを 一度 体験してみては いかがでしょうか!?

 

<カラーグレス技術> 

危険である一般的なヘアカラーを 「 髪を傷めず、カブレない 」ヘアカラーに変化させる技術で、一般的なヘアーカラーの様に、カラーバリエーションも多く、カラーデザインを楽しむ事が出来るものです!

 

詳しくは参考ページをご覧ください。「毛染めの危険性」

今すぐ ご一報 ください!!  ご相談 お待ちしております!!

お問合せメールフォームからもご相談が可能です。➡ お問合せ予約

札幌市西区琴似 ℡: 011-614-4323

札幌市南区澄川 ℡: 011-816-5066

 

生せっけん

 普通のヘアカラーから白髪染めに変えるタイミングはいつ!?

白髪染めと 普通のヘアカラーの違いについて

 

白髪染めと、普通の髪染めの違いは!?

結論からいいますと、、、同じです。

写真 2 (1)

白髪染めはその名の通り、色素が抜けた白髪を染めるということで、

ヘアカラーは色素がまだある黒髪を染める事。

中の成分は同じですが、染める髪の毛のタイプがちがうことで、そこに配合されてる成分量が違うことから

区別されているようです。

 

だいたい、30~40才を過ぎると、黒髪に対して、白髪の割合が多くなってきます。

ヘアカラーと白髪染めの仕組みは 基本的に、ヘアカラーは 黒髪用となっておりますので、

通常のヘアカラーは 白髪に対して全く 使っても仕方ないのかというと そうではありませんが、

黒髪用のカラー剤を 白髪に使用した場合、ブリーチする力が強く 染毛力が弱いために白髪には色が入らず、

殆ど 白髪は染まらないということになります。

髪の本数が少なく、パラパラと 数本しかないのであれば、普通のヘアカラーで染めても、多少の

白髪を目立たなくすることは可能です。

 

白髪の数が多くなり、目立つようになってくると、、、、

◎ なんとなくしっくりこない

◎ 染まり具合に違和感あり  

◎ 光って目立ってる

このような感じになったときが 白髪染めスタートとなります。
1

気分的に ガーン!!!

とうとう白髪染めか、、、、と思ってしまうのですが、

実際はとても自然に、綺麗に、違和感なく染まりあげることができます。

髪の毛に白髪が混じっていると、 老けてみえる、、、、というお声が多く

 

白髪染めという 響きも 気になりますね! 

ダメージについては、白髪染め、ヘアカラーともに 頭皮や髪に負担をかけてしまいます。回数が増えると

痛みも増えるということになります。

最終的には、 信頼できる美容師さんに 
十分に納得いくまで 相談してみましょう!!

 

■ブルーヘアー ℡ 011-614-4323  mail bluehair.kotoni@gmail.com

■ブルーシー ℡ 011-816-5066  mail  bluehair.sumikawa@gmail.com